営業研修コンサルティング

講義

企業の業績向上を実現するためには、人材育成による人材成長が必要となります。しかし、企業内には数多くの部門が存在し、部門ごとに業務内容は大きく異なります。そのため、各部門に合わせた研修を行う必要があるのです。また、全ての部門を同時に研修に入らせる訳にはいかないので、優先度の高い部門から順に研修を行っていくことが大切となるのです。優先度の高い部門というのは、ビジネスの基礎となる部門の営業部門でしょう。営業担当者の人材成長を実現させることにより、多くの新規顧客獲得及び維持が可能となります。それに伴って、業績向上の実現も大幅に進展するでしょう。
営業部門の人材教育を行う場合、営業研修コンサルティング会社の利用が最適です。このコンサルティング会社では、営業向けの様々な研修を提供します。その内容の一つとして、戦略的営業強化研修と呼ばれるものがあります。戦略的営業強化研修は、既存の顧客の付加価値の向上及び新規顧客の獲得を目標に行われる内容となっています。その内容は、提案力の強化や他社との差別化、営業プロセスの標準化、共通ツールの提案、効率化、リーダー育成、指導力向上等様々です。その学習工程は、最初に必須となる基本スキル学習から商談分析、顧客基本情報の把握と分析、商談関係者・人間関係構築、営業計画・戦略・戦術・競合及び商談シナリオの作成といった工程で行われます。その工程の後、3ヶ月の実践機関が設けられます。そして、3ヶ月の実践機関終了後に再び研修が行われ、そこで実践結果の共有を行います。また、商談シナリオの発表・共有や実践を通して学んだ効果的な規格提案等、更なる人材成長を期待できる内容の研修を行ってくれるのです。